夏になると気になる紫外線。
日焼け止めも塗っているし、日傘もしているのになぜかシミができていた、、、、なんてことはありませんか?
シミやシワの大きな原因である紫外線。

 

実は紫外線は夏だけ予防してもダメなんです。
今回はシミ・シワを予防する正しい紫外線対策をご紹介します。

 

「紫外線」とは?なぜ紫外線で日焼けをするのか

「紫外線」とは、地球に到達する「太陽光線」のなかで波長が短く、エネルギーが高い光の事を言います。
紫外線の主な作用として

  • オゾンの生成&破壊の役割
  • DNA損傷作用(殺菌作用や日焼けなど)
  • ビタミンD3生成作用

が挙げられます。また紫外線には3種類あることが知られています。

 

UV-A波

皮膚の奥まで届き、細胞を傷つける光り。B派ほど有害ではないと言われていますが、細胞を傷つけるため、「肌の老化」を引き起こす原因となります。
地上に届いている紫外線6%の内5.8%をしめていて、紫外線のほとんどがA派です。
メラニンを生成させたり酸化させる「黒化」作用があります。

 

波長が長いため、曇りや雨の日でも地上に届いています。一番強くなる時期は5月〜6月で午後12時から15時ぐらいがピークとなります。

 

UV-B波

皮膚の表面までしか浸透しない光り。皮膚や目に有害とされ日焼けや皮膚がんの原因になります。
地上に届いている紫外線6%のうち0.2%を占めています。
ビタミンD3を生成し、DNA損傷、日焼け(やけど、痛みあり)、皮膚がん、白内障などを引き起こします。

 

7月から8月にかけて最も強くなる紫外線です。

 

UV-C派

波長が最も短く、オゾン層で吸収されるので地上には届いていません。殺菌作用がありますが、一番人体にとって害が大きいと言われています。

 

紫外線を浴びると皮膚がやけどをしたように状態になります。UV-B波を浴びると肌がヒリヒリしたり赤くなったりします。これが一般的に言われる「日焼け」です。
しかし、UV-A波は細胞の奥までとどくため表面の日焼けではなく、細胞を直撃して「サンタン」という肌が黒くなった状態を作りだします。これも日焼けに一つです。

 

なぜ日焼けをすると皮膚が黒くなるのか?

皮膚の一番上にある層を「角質層」と言います。この角質層を抜けて内部に入って来たUV-Aはそのまま皮膚の一番下にある「基底層」に届きます。
「基底層」に紫外線が届くと「メラノサイト」が活動を活発化させ「チロシナーゼ活性酵素」を作ります。

 

この「チロシナーゼ活性酵素」が「チロシン」と合わさって、「メラニン色素」となります。「メラニン色素」は肌の色や髪の色を決める色素ですが、黒から褐色と決まっています。

 

メラニン色素は肌のターンオーバに合わせて、徐々に基底層から角質層に押しあがってくるので、紫外線を浴びてからおおよそ2日から7日で肌が黒くなります。

 

こうやって肌を黒くすることによって、紫外線の吸収を押さえこれ以上紫外線の害を受けない様にしているのです。
紫外線を浴びた肌はメラニン色素を作り出すことによって、紫外線を予防するよう自己防衛の機能が働いているのです。

 

日焼けをするとシミになるのはどうして?

肌のターンオーバによって、メラニン色素が皮膚の表面に押し出されそのまま剥がれ落ちていけば、もとの白い肌にもどりますので、シミになる事は有りません。

 

しかし、紫外線を浴び続けるとメラニン色素が過剰に生成されてしまい、ターンオーバで押し出すことができず、そのまま残ってしまう事があります。
また、加齢によって代謝が落ちるとターンオーバが基礎正しくできず、メラニンが押し出す力がなくなってしまいます。
そうやって少しずつ蓄積されたメラニン色素が皮膚に沈着してしまい「シミ」となって残るのです。

 

紫外線から肌を守るためにメラニンは大切な要素ですが、紫外線を浴びすぎるとメラニンが残って、シミになってしまいます。シミを作らないためにも、紫外線をしっかり予防することが大切なのです。

 

シミを予防する紫外線対策

紫外線を防ぐことがシミを予防することに繋がります。紫外線を浴びない様にするための対策方法をご紹介します。

 

身に付ける物で紫外線対策

まずは普段身に付ける物で紫外線対策をしましょう。

 

  • 帽子
  • サングラス
  • 日傘
  • アームカーバ
  • UV加工繊維を使用した衣服

 

外に出る時や車に乗る時はこららの物を使って、紫外線から身を守りましょう。
実は紫外線は目からも入り、白内障などの病気になることはもちろんですが、まぶしい!と感じただけで紫外線を浴びたと勘違いをしてメラニンを作ってしまいます。
サングラスをすることで、まぶしいと感じることがなくなると不要なメラニンを作らずに済みます。

 

また、サングラスにはUVをカットする数値が表示されています。
「UV400」と書かれている場合は400nm(ナノメートル)までの紫外線をカットすることができます。
UVの波長はUV-A(315〜400nm)、UV-B(280〜315nm)、UV-C(200〜280nm)ですのでUV400であれば、ほとんどのUVをカットできることになります。UVカットサングラスを選ぶなら、できるだけ「UV400」の記載がある物を選択しましょう。

 

サングラス以外の紫外線対策がされた衣服や帽子などは長年経つとその効果はだんだん落ちてきます。
衣服だと1年、日傘であれば2〜3年で効果が無くなりますので、なるべく毎年買い替えるようにしましょう。

 

UV対策をしていない服やカバーを使う場合、白っぽい物は紫外線を通してしまいます。
できるだけ黒に近い色を選ぶと紫外線を通しませんので対策としては有効です。

 

日焼け止めを使う

どうしても紫外線を直接浴びてしまうような顔や髪、また室内でも紫外線は通りますので日傘などをさせない場合など日焼け止めを塗る事が対策として有効です。

 

日焼け止めには「SPF」「PA」を言う2つの記載がありますので、これらの意味と特徴を知ることが大切です。

 

■SPF「Sun Protection Factor」
これは紫外線B派を対策することができる数値です。
紫外線を浴びてからすぐに日焼けをするわけではなく、一般的には20分で日焼けをし始めると言われていいます。SPFはこの時間を遅らせ防御できる数値です。

 

例えばSPF30の日焼け止めを塗った場合、20分で日焼けをする人は20分×30倍=600分(10時間)日焼けを防止することができます。日焼け止めを塗らないと20分後には日焼けが始まりますが、SPF30の日焼け止めを塗った場合は10時間後に日焼けが始まりますので、それまでに紫外線の当たらない場所に移動したり、塗り直しをすることで日焼けを防止することができます。

 

■PA「Protection Grade of UVA」
PAは紫外線A派を対策することができる数値です。
+の表示は1〜4まであり+の数が多いほどUV-Aを防ぐ効果が高くなります。

 

UV-Aはガラスなども透過して皮膚に届きますので、室内にいてもしっかり日焼け止めを塗る事が大切です。
また、肌の老化を早めてしまい、シミだけではなくたるみやシワの原因にもなりますので、PAの+が多い日焼け止めを使う事が大切です。

 

日常の生活であればSPF10〜20 PA++ぐらいの日焼け止めで充分ですが、必ず3時間から4時間ごとに塗り直しをしましょう。また、海やプールなど紫外線が強い場所にSPF30 PA+++以上の強めの日焼け止めを使う事をおススメします。

 

■紫外線吸収剤と反射剤
日焼け止めには「紫外線吸収剤」もしくは「紫外線反射剤」が使用されています。
紫外線吸収剤は紫外線を吸収し、科学的にエネルギーにかえて放出するのですが、一旦紫外線を取り込んでしまいます。紫外線を防ぐ力は強く塗りごこちもさらさらしていますが、刺激が強く肌に負担を掛ける日焼け止めです。

 

紫外線反射剤は紫外線を受けた場所で反射させ、紫外線をそれ以上取り込まないようになっています。
肌の負担は少なく、肌に軽く塗るだけで良いので楽ですが白くベタベタしやすいと言うデメリットもあります。

 

どちらが良いと言う訳ではありませんが、日焼け止めも薬剤ですので肌へ塗り込むタイプより軽く乗せるタイプの方が肌への負担も少なく、効果が高いと考えられます。

 

紫外線を浴びた後の対処方法

紫外線対策をしていても、海やプールなどのレジャーに出かけたり、日々の生活で紫外線を浴び続けることも少なくありません。紫外線を浴びてしまってもその後の対処方法によってシミをできにくくすることができます。

 

紫外線を浴びてメラニン色素ができるまでに約1日〜2日と言われています。それまでにメラニンの生成を抑える成分を肌に取り込む必要があります。

 

例えばアルブチンやビタミンC誘導体などのメラニンの生成を抑える成分が入ったシートマスクなどを使ったり、その後は肌のターンオーバを促進するピーリングなどを行うなどの方法があります。

 

急激な日焼けをしてしまい、肌が赤くなってしまった場合はまずは炎症を押させるために、肌を冷やし美白成分の入った保湿美容液などを使ってスキンケアをすることが大切です。

 

一度強く紫外線を浴びてしまうと、メラニンを余分に作らせない方法はとても大変で手間がかかります。また、一度できてしまったシミを消す場合は、もっと違う方法で肌のターンオーバを促進したりスキンケアを見直す必要もあります。
まずは、日常的に浴びる紫外線をしっかりと防ぎ、日焼けをしない・メラニンを作らせない・シミを残さないように気を付けることが何よりも大切です。

 

紫外線対策の重要性はお分かりいただけましたでしょうか。
今すでに出来てしまった気になるシミがある場合は、一度ロスミンローヤルを飲んでみることをおすすめします。

 

しみに関してはターンオーバーを正常に戻すことから必要になるので、すぐには消えないと思いますが、しみに効くと国で認めた唯一の薬ですので、目立たなくしたいシミやシワがある場合は、是非試してみてください。

 

紫外線対策と合わせて、内側からシミ対策をしっかりケアする事でしみのない美肌を目指していきましょう。