シミは一度できてしまうと、なかなか消すことが難しいものです。
身体の外からではなく、内側からシミを消すことは出来るのでしょうか?

 

今回は身体の内側から効く、シミを消すことができる食べ物を調べてみました!

 

シミの原因は紫外線

シミを作る大きな原因は紫外線です!
紫外線を浴び続けることによって、メラニン色素が多く作られ蓄積して行ったものがシミとなって肌の奥に残ってしまうのです。

 

また、紫外線によって肌の中で活性酸素を作り出すこともシミやたるみの原因となります。
活性酸素とは活性化した酸素のことで、白血球が作り出す酸化させる力が強い酸素のことを言います。

 

活性酸素は体に侵入したウイルスや細菌を駆除する役割もあるのですが、大量に発生すると健康な細胞まで酸化させてしまいます。酸化した細胞は衰え、老化が進んでしまいます。金属が酸化すると錆びるのと同じように、細胞も酸化するとサビてしまうのです。

 

活性酸素から守る食べ物

活性酸素が細胞を酸化させるのを防いでくれるのが「抗酸化物質」です。
抗酸化力の高い「ビタミンC、ビタミンE、β-カロテン(ビタミンA)」を多く含んでいる食べ物を摂る事で、シミを消すことが出来ると言われています。

 

ビタミンCを含む食べ物

ビタミンCと言うと、レモンなどの柑橘系のくだものを思い浮かべる人も多いでしょう。
たしかに果物には多くのビタミンCが含まれています。しかし、果物は糖分が多く身体を冷やしてしまうので、たくさん摂取すると、肥満や冷え性の原因にもなってしまいます。

 

ビタミンCを効果的に摂取するのであれば、野菜からも摂る事をおススメします。

 

ビタミンCが摂れる野菜

下にあげる野菜にはビタミンCが豊富に含まれています。

 

  • パプリカ
  • ピーマン
  • カリフラワー
  • ブロッコリー
  • レンコン
  • キャベツ
  • じゃがいも

 

ピーマンやブロッコリーは良く知られていますが、ジャガイモやレンコンにもビタミンCが含まれているんですね。

 

ビタミンCを効果的摂る調理法

ビタミンCは熱に弱く、煮たり焼いたりすることで壊れてしまいます。
また、水溶性ですので水に溶けやすいと言う特徴もあります。

 

できるだけ多くビタミンCを摂るためには、調理法をちょっと工夫する必要があります。

 

■電子レンジで加熱する
ジャガイモなどを水から茹でてしまうと、茹でた汁にビタミンCが流れて出てしまいます。そのため、野菜を柔らかくする方法として電子レンジを使います。電子レンジであれば、水を使いませんのでビタミンCが溶け出す事が有りません。

 

もし、アクが気になる場合は電子レンジで加熱したあと、冷水に付けておくことでアク抜きをすることができます。
水から長時間茹でるより、ビタミンCの残存量は多くなります。

 

■短時間で調理する
長時間茹でたり、加熱したりすると熱でビタミンCが壊れてしまいます。
電子レンジで加熱する際も、たくさんの量を長時間加熱するのではなく、少しの量を短時間で加熱するようにしましょう。

 

野菜だけではビタミンCは足りない?

ビタミンCの摂取目安は1日100mgと言われています。これはブロッコリーなら一食分で十分摂取できる量です。
しかし、平均的な摂取ではシミを消すほどの効果は有りません。

 

活性酸素から守るためには、推奨量の何倍もビタミンCを摂る必要があります。
野菜からだけではシミを消すほどの量を摂取できない場合は、生で食べられてビタミンCを多く含む果物も食べる必要があるでしょう。

 

ビタミンCを多く含むものとして柑橘系を思い浮かべるでしょうが、多く含まれるレモンやユズなどは果汁を使うことが多く、そのまま食べるには向きませんし、量もそこまで摂ることができません。

 

果物でビタミンCを摂る場合、イチゴやキゥイがおススメです。
イチゴであれば中くらいの大きさのものを5個〜6個食べるだけで1日に必要な100mgを摂る事ができます。
またキゥイは半分食べるだけで、1日分のビタミンCを摂取できます。

 

毎日の食事でしっかりと野菜を食べて、さらに朝食や間食などでイチゴやキゥイを食べることで、1日に必要なビタミンCの2倍以上を摂取するように心掛けましょう。

 

β-カロテン(ビタミンA)を含む食べ物

β‐カロテンを体内に取り込むと、必要な量だけビタミンAに変換して、それ以外は活性酸素を除去する効果が有ります。さらに免疫力まで高めてくれるので、積極的に摂りたい成分です。

 

β-カロテンは緑黄色野菜に多く含まれる

β-カロテンと言うと、真っ先に人参を思い浮かべる人も多いでしょう。β-カロテンは人参はもちろんのこと、緑黄色野菜に多く含まれています。

 

  • ニンジン
  • ほうれん草
  • かぼちゃ
  • 小松菜
  • チンゲン菜
  • ニラ
  • しそ

 

これらの野菜は一例にすぎません。緑黄色野菜であれば、どれでもβカロテンは多く含まれていますので、積極的に毎日の食事に取り入れていきたいものです。

 

β-カロテンの調理法

βカロテンを効果的に摂取する方法として、油と一緒に食べる方法があります。油と一緒に食べるとβカロテンの吸収が良くなるので、油やバターなどで炒めたり、油分の多いゴマなどで和えると美味しく効果的にβカロテンを摂取することができます。

 

ビタミンEを含む食べ物

ビタミンEは若返りのビタミンとも言われており、抗酸化力が高いことで知られています。
ビタミンEは脂溶性ですので、脂と一緒に食べることにより効果的に体に取り入れることができます。

 

魚介類やナッツ類に多く含まれるビタミンE

ビタミンEは魚介類やナッツ類に多く含まれています。

  • イクラ
  • あゆ(養殖)
  • にじます
  • うなぎ
  • アーモンド
  • かぼちゃ
  • アボカド

 

ナッツ類やアボカドなどは生でも食べることができますが、脂溶性ビタミンなので油との相性がいいと言われています。

 

ビタミンEを効果的に摂る調理法

小麦胚芽油、ひまわり油、ベニバナ油などの植物油やほうれん草などの緑色野菜にも含まれています。
炒めものや揚げ物に植物油を使うこともビタミンEを摂取するには効果的です。

 

また、ビタミンEは摂取した後活性酸素とすぐに結びつくと効果が失われてしまいます。しかし、ビタミンCがあると効果を失ったビタミンEをもう一度蘇らせてくれるため、ビタミンEとCは一緒に摂る事をおススメします。

 

ビタミンCは水溶性ビタミン、ビタミンAとEは脂溶性ビタミンで、体内ではそれぞれ異なる立場で活性酸素から身体を守りシミやシワを予防してくれます。

 

アボカドやカボチャのフリッターにレモンやユズを絞って食べるとか、人参やブロッコリーをひまわり油で炒めるなど、それぞれの特徴を活かし、バランスよく野菜や果物を食べることが、シミを内側から消す効果を発揮します!

 

シミを身体の内側から消す食べものとは

出来てしまったシミを内側から消したり、シミが出来る前に予防するためには、抗酸化作用のあるビタミン類を多く食べることが大切です。

 

ただ、やみくもに食べるのではなく、それぞれのビタミンに合った調理法を使いバランスよく色々な食材を食べる事で、美味しく効果的にビタミンを摂る事ができます。

 

ビタミンを多く食べたからと言って、すぐにシミが消えたり、しわが無くなるわけではありません。しかし、食べた食材の栄養素はしっかりと身体に蓄積され、その効果は徐々に表れてきます。野菜や果物を上手に取入れ、バランスのよい食事をすることが美肌への第一歩となることは間違いありません。

 

しかし、今すでに出来てしまったシミには、対策が必要です。
薬局やドラッグストアーにはたくさんのシミ対策クリームや美白化粧品が販売されていますが、効果が期待できるものは実はありません。
しみ対策クリームをいくら塗っても実は予防レベルでしか効果は期待はできません。

 

出来てしまったシミやシワには、しみやシワに効くと国が認めた成分を配合した医薬品であるロスミンローヤルがおすすめです。
私の体験談や愛用者の口コミもまとめていますので、是非参考にしてみてください。

 

血行が良くなる生薬の成分で血行がよくなる事で、肩こりや腰痛の改善にもなっておすすめです。