女性にとっていつまでも健康で若々しい肌でありたい!と願っている人はほとんどです。
しかし美肌を保つためには美肌に効果が期待できる基礎化粧品やサプリメントを使っていないといけないのでしょうか?

 

実は基礎化粧品やサプリメントを使わなくても、美肌を目指すことは可能と言われています。

 

それはあなた自身のライフスタイルを見直し、生活習慣を見直すことによって
ある程度の時間はかかりますが、美肌を目指し同時に体の健康を改善することができます!

 

ここでは美肌を目指すために必要な3つのポイントをそれぞれ紹介しています。

その生活習慣を見直すことによって、美肌を目指すことができるのか?
もし改善できなければ、肌はどのようになってしまうのか?

Q&Aで解説し、合わせて改善点も紹介します。

 

美肌を目指す健康生活|その@ 睡眠

 

「美容のためにあまり夜更かしをするのはよくない」と昔から言われています。
しかしその理由をきちんとわかっている人は少なく、実践できていない人がほとんどです。
美肌を目指すために欠かせない睡眠はどんな関係があるのでしょうか?

 

美肌と睡眠はどんな関係があるのか?

 

睡眠は肌の再生・回復をさせるために大切な行動です。

 

起きている間の肌は紫外線などのダメージを受けてしまっても、血液の多くは脳に集まってしまうため肌が回復できるほど十分な栄養が行き届かないと言われています。
睡眠中は脳が休んでいる状態に入るため、血液が全身にわたるため肌にも栄養が行き届きやすくなります。

 

睡眠によって得られる美肌の効果は以下の通りです。

シミを予防または改善

肌の新陳代謝が上がることによって、できてしまったメラニンを正常に排出することができる。

 

目のクマやくすみを改善

血行が促進されることにより、血行不良によってできた目のクマやくすみが改善される。

 

肌のキメを整えることができる

睡眠によって成長ホルモンがたくさん分泌されることにより、ターンオーバーが正常になり肌のキメを整えることができる。

 

肌荒れやニキビの予防

角質層をつくりだすサイクルが正常化することにより、バリア機能が回復され肌荒れやニキビ予防に繋がる。

 

肌のたるみを改善することができる

新陳代謝によって皮膚の弾力がさい再生し、たるみ改善に繋がる。

これらの効果を見ていくと、睡眠によって改善される肌への効果はとても重要と言うことがわかります。
その中でも睡眠の質が高いとより美肌になりやすいと言われ、肌改善をするなら十分な睡眠を摂ることが重要なカギになります。

 

もし十分な睡眠がとれなかったら、肌はどうなってしまうのか?

 

十分な睡眠が摂れないことや、睡眠の質つまり眠りが浅ければ
本来睡眠によって得られる肌の再生・回復機能の恩恵を十分に受け取ることができなくなります。

 

美肌に繋げるために必要な睡眠は最低でも6時間必要とされています。
特に肌の再生に重要な成長ホルモンの分泌が活性化されるのは、眠り初めの約3時間の間に行われます。
その成長ホルモンの分泌が多いと肌の細胞分裂も盛んに行われ、内臓や肌の修復がされることになります。
しかし内臓や肌が修復されるのに約6時間かかってしまうことから、睡眠は6時間必要とされています。

 

現代では夜仕事している人や、睡眠時間が十分に摂れない人が多いため
肌への悩みを抱えている人も多くいます。
短時間でも睡眠の質を高め、美肌を目指す方法はあるのでしょうか?

 

 

 

質の高い睡眠をとるために大切な3つのポイント

 

熟睡できる睡眠環境を整えること

 

質の高い睡眠、それは熟睡できているかがカギになります。
肌の再生・回復に必要な睡眠時間は最低6時間以上と言われています。
その中でも夜10時から夜中2時までの間はゴールデンタイムと呼ばれ、最も成長ホルモンが分泌される時間帯でもあります。
夜10時に寝ることが難しくても、12時までには就寝できるようにするなど寝るタイミングを心掛ける必要もあります。
またより良い睡眠のためには、寝室の環境を整えることも欠かせません。
寝具であるシーツやまくらカバーは清潔なものを使用し、眠る前1時間前からテレビやスマートフォンを見ないようにすることが大切です。
テレビやスマートフォンから出ている光は脳内に強い刺激を与えてしまうため、脳が興奮してしまい睡眠の妨げになってしまいます。

 

2時間前にお風呂や食事を済ませておくこと

 

人が眠りにつく時、あまり体温が高いとうまく眠りにつきにくいと言われています。
特にお風呂に入ると体温が上昇し、お風呂から上がってすぐ寝ようとするとなかなか寝付けないことがほとんどです。
スムーズに入眠する時体温が1度ほど下がるため、寝る2時間前までに入浴を済ませ
少し時間をおいて体温が落ち着いたころに寝るようにすると、質のいい睡眠を確保しやすくなります。

 

また食事も同じです。
入眠前に食事をとってしまうと、食べ物が胃に入ることによって消化器官が活動し始めてしまうため落ち着いて寝ることができなくなります。
寝るときは胃を含む消化器官の働きを落ち着かせることも、質の良い睡眠を得ることに欠かせない要素になります。

 

ストレスを溜めないようにすること

 

睡眠の質に一番影響してくるのは何といっても「ストレス」が大きく関係してきます。
強いストレスを感じ続けていると、脳内が興奮してしまい
なかなか寝付けなかったり、長時間睡眠を摂ったにも関わらず疲れがとれないなど悪影響を及ぼしてしまいます。
悩み事がある時は特にスムーズに入眠できないことがほとんどです。
ストレスを感じるときこそ好きなものに囲まれて眠ったり、アロマなどの安眠効果が期待できるお香などを利用して
リラックスして睡眠できる環境づくりをすることも大切です。

 

美肌を目指す健康生活|そのA 食生活

 

美肌作りに欠かせないのは食生活も同じです!

 

肌は内臓環境の善し悪しに大きく影響を受けやすく、内臓環境をいい状態に保つことが美肌の重要なカギになります。
食事から得られるたんぱく質・脂質・糖質・無機質・各種ビタミン・ミネラルを上手く摂取できることが理想です。

 

美肌と食生活はどんな関係があるのか?

 

食事をすることによって基礎代謝を上げ、体の中にある細胞を活性化させます。
そのためのエネルギーとして必要なのが食事から摂取する栄養になります。

 

美肌のために必要な栄養素として、3大栄養素である

 

血液・筋肉・肌・髪の毛・ホルモンなど体の主な構成を担っている タンパク質
脳やカラダのエネルギー源となっている 炭水化物
脳の機能を正常にさせ、細胞膜の形成や体温保持の働きを担う 脂質

 

そのほかに、副栄養素として

 

生命活動に必要な酵素であり、3大栄養素の代謝にも関わってくる ビタミン
3大栄養素の働きをサポート、体と肌の機能を正常に保つ ミネラル
腸の働きを良くし、毒素を排出を促し摂取した栄養素の吸収をスムーズにする 食物繊維

 

があります。

 

人間のカラダを構成していくためには食事をしなければ、摂取することは不可能です。
特にビタミンやミネラルは体内で作り出すことができないため、バランスの良い食事が必要になってきます。

 

美肌に必要な栄養素を十分にとらないとどうなるのか?

 

内臓環境の善し悪しが肌の健康と直結していることは上記で説明しました。

 

食事をすることは単に栄養素をカラダの中に取り込むだけではなく
カラダに入れ肝臓の中に入った食べ物の解毒作用や体内にある余分なものを排出を促し毒素を溜めない役割もあります。
現代では十分な栄養を含んだ食事を摂る時間が限られているため、偏食になりがちです。
またボディラインを気にして断食や一定の栄養素しか摂らないダイエットをする女性が増えてしまい
本来肌に必要な栄養素が取り込まれないため、内臓環境が悪化しやすくなります。

 

内臓環境が悪化することによって

吹き出物やニキビができやすくなる
ターンオーバーが正常に行われなくなり、色素沈着によるシミが濃くなる
肌が乾燥しやすくなるため、シワが増えやすくなる
 など

どんなに美肌に効果が期待されている化粧品やサプリを服用しても、その効果をうまく引き出すことができません。

 

特に美肌に効果が期待されているビタミンやミネラルは体内生成ができないため、必然的に食事から栄養素を摂取しなければなりません。

 

美肌作りのための食生活5つのポイント

 

 食事は3食しっかりよく噛んで食べること

 

食事の基本は朝・昼・晩の3食を規則正しく摂ることが大切と言われています。

 

理想の食事のパターンは逆三角形と言われる方法です。
この方法は活動を始める朝食をしっかり食べ、夜は睡眠のことも考えて量を控えていく形になります。
朝食・昼食は活発的に行動するため、消化器官の活動も活発化します。
そして行動するためのエネルギーを必要としているためしっかり食べる必要があります。
夜の場合は睡眠の妨げにならず、消化器官を活発化させないためにも食べる時間も量も控える必要があります。

 

食事を摂る際にはよく噛むことも大切になります。
食べ物をしっかり噛まずに飲み込んでしまうと、胃腸など消化器官に大きな負担を強いてしまいます。
消化器官が疲れてしまうと腸内環境が悪化しやすくなり、肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。
平均5回は噛むように食べることを心がけると、消化器官に負担をかけにくくなります。

 

 積極的に旬の野菜や食物繊維を多く含んだ食品を食べること

 

野菜には多くのビタミンやミネラルを含んでいます。
その中でも旬と呼ばれる時期があり、野菜の栄養素が最も高くなります。
季節の野菜はその季節に起きやすい体の不調を予防する効果が期待できるため積極的に摂取していきましょう。

 

そして腸内環境を整える効果を持っている食物繊維も積極的に摂取していきましょう。
食物繊維は腸内で不必要となったもの、毒素となったものを絡めとって体外に排出する役割を担っています。
美肌のためには体内に毒素を溜め込むことはNGです!

 

その中でも食物繊維が多く含まれる食べ物を紹介します。

 

野菜や豆類・果物

りんご・豆類・しそ・パセリ・ゆずの皮・納豆・ごぼう・青のり・みかん・海藻・おくら・こしあん など

 

乳酸菌や発酵食品

ヨーグルト・チーズ・納豆・乳酸菌飲料・ぬかずけ・みそ・キムチ・しょうゆ・酢 
など

 

これらは腸内環境を整えてくれるほか、必要な栄養素を取り込んでくれることができます。
腸内環境を正常化してくれることで知られている乳酸菌は40度以上の高温だと死滅するため、取り扱いに注意してください。

 

 水分を摂ること

 

人間の体は約60%の水分でできています。
そして内臓機能の健康維持にも水分は欠かせません。
水分が不足してしまうと十分な血液を作り出すほか、老廃物を排出することが難しくなってしまいます。
体内のデトックスをするためにも、1日約2リットルほどの水分を摂ることを目安になります。

 

 食事で摂れない栄養素はサプリメントを活用すること

 

美肌作りのために規則正しく食事を摂るにしても、やはり好き嫌いや苦手な食べ物はだれでもあります。
もしくはきちんとバランスよく食べているが、美肌作りのために必要な栄養素をちゃんと摂れているかが不安など
食べ物だけですべての栄養素を摂ることは難しいです。
そんな時は食事と一緒にサプリメントを利用する方法もオススメしています。
現在ではドラッグストアやコンビニでもサプリメントは手軽に購入することができます。
たくさんの成分が入っているものより、不足していると感じている栄養素のサプリメントを購入し摂取していくのが効率がよいです。

 

 暴飲暴食をしないこと

 

過度なダイエット後やストレスなどによる暴飲暴食は気を付けましょう。
暴飲暴食をすることによって肝臓など消化器官に大きな負担をかけてしまい、排出機能が低下しやすくなります。
毒素が上手に体外に排出されないと、腸内環境が悪化し肌トラブルの原因を引き起こしてしまいます。
そして暴飲暴食によって必要な栄養素が取り込まれないため、栄養素が基礎代謝に取られてしまうため
肌にまで栄養素が回ることが少なくなり、肌が栄養不足になり肌トラブルが頻発しやすくなります。
消化器官に負担をかけない食べ物・添加物の少ない食べ物を摂取するよう心がけましょう。

 

美肌を目指す健康生活|そのB 健康な体づくり

 

肌もカラダの一部のため、健康イコール美肌作りと切っても離すことはできません。
しかし健康な体作りと言っても、美肌とどのような関係があるのでしょうか?

 

美肌作りと体づくりの関係は?

 

健康な体作りを意識したいところは、筋力を上げて新陳代謝をアップさせることになります。
筋力は血液をカラダ中に循環させるときのポンプの役割を担っているため、ポンプの力が強いと
全身に血液が行き渡りやすいのと同じように必要な栄養素もカラダ中に届きやすくなります。

 

新陳代謝を上げることは体温を維持し、病気になりにくい体を作ることにもつながります。
肌に充分な栄養が行き渡るためには、適度な運動を取り入れていく必要があります。

 

体が健康でなければ肌はどうなってしまうのか?

 

十分な筋力がなく、血流の流れが悪くなってしまうと
体全体に十分な栄養が行き渡らず、新陳代謝が低下、さらに免疫力が低下してしまいます。
新陳代謝が低下することによって病気にもなりやすいですが
肌への栄養不足が深刻化し、十分なターンオーバーができずに肌トラブルが頻発化してしまう可能性があります。
特に女性は新陳代謝の低下により冷え性になってしまうため、シミシワを引き起こしやすくなります。

 

健康な体作りをするということは、同時に美肌作りにも直結していることがわかります。

 

美肌作りのための健康な体作り2つのポイント

 

 適度な運動をして血行を促進させる

 

健康な体作りをしたいけど、ランニングや激しい運動をするのは苦手…という人もいます。
健康な体作りは体力をつけ、新陳代謝をアップさせることが主な目的になります。
体力がつけば疲れにくく、病気にもなりにくくなります。
規則正しい生活を送る上でもある程度の体力は必要になります。

 

ウォーキングやストレッチなど適度に体を動かす運動を行うことも効果的です。
運動することによって適度な疲労感を得られ、同時に質のいい睡眠に繋げることもできます。

 

また体を動かすことによってストレス発散にも繋がります。
美肌作りの大敵であるストレスはできるかぎり溜めないことが重要になります。
ストレスが溜まってきたと感じたらスポーツや散歩などをしてみるといいですね。

 

 体を冷やさない

 

体を冷やしすぎると、血管が収縮され血流が悪くなります。
血液は必要な栄養素や酸素も届けている役割をになっているため、機能が低下してしまうと肌の調子も悪化してしまいます。
普段から体を動かして血流を良くすることのほかに
冷たい食べ物を過剰摂取しない・体を冷やさないような服装・体を温める食材を積極的に食べるといった工夫が必要になります。

 

美肌を目指す健康生活 まとめ

美肌に効果が期待できる基礎化粧品やサプリメントはただ使用しているだけでは期待できる効果は得られません。
肌は日常的にダメージを受けているため、ターンオーバーなど肌本来の機能を回復させるためは生活習慣を改める必要があります。
ここで紹介した睡眠・食生活・体づくりは今日からでも始められる美肌作りの基礎になります。

 

肌の悩みを抱えている人ほど、自分の生活習慣を見直すことによって
肌を改善することができることに繋がります。
時間はかかってしまいますが、必ず肌にはプラスに繋がっていきます。
美肌を目指したいなら、今一度ライフスタイルを見直すことをおすすめします。

 

私は食生活や睡眠に気を配る事と合わせて、血行促進も兼ねてロスミンローヤルを飲み続けています。
血行が良くなる事で、肩こりや冷え症も改善して、とても楽になりました。
冷え症が改善すると生理痛もかなり軽く楽になるので、重い生理痛に悩んでいる方は是非血行促進を意識してみてください。